別段預金と仕訳

別段預金と仕訳を解説します。

別段預金とは

別段預金とは、株式申込者から振り込まれた払込金を一時的に預けておく専用の口座をいいます。

別段預金の目的

預合や見せ金といった払込みの仮装行為によって会社財産が確保されないことを防止するためです。

払込保管証明書

払込保管証明書とは、払込みの仮装行為を防止するために、別段預金を管理する金融機関が発行する払込を証明する書類をいいます。

会社法上の取り扱い

従来の旧商法では、設立や株式発行時の払込金については払込保管証明書の入手が必要であったため別段預金の利用が必須でした。しかし現在の会社法では募集設立の場合のみ必要であり、発起設立や株式発行時には別段預金を利用する機会は減少しました。

会計処理

株式申込人からの払込金を新株式申込証拠金として計上し預け入れを別段預金で処理します。そして株主になった時に新株式申込証拠金を資本金(及び資本準備金)に振り替えると同時に、別段預金を当座預金などに振り替えます。

仕訳

別段預金勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
申込者からの払込別段預金×××新株式申込証拠金×××
払込期日新株式申込証拠金×××資本金×××
資本準備金×××
当座預金など×××別段預金×××

※株式発行時に別段預金を利用した場合を想定

仕訳例

  • 1.払込期日に別段預金の払込金100が当座預金に振り替わった(全額資本金とする)。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1新株式申込証拠金100資本金100
当座預金100別段預金100
ページトップへ