新株発行と仕訳|増資

お金と時計

新株発行(増資)と仕訳を解説します。

新株発行とは

新株発行とは、新たに株式を発行することをいいます。

増資とは

増資とは、資本金を増加させることをいいます。

新株発行による増資の目的

会社規模の拡大などを目的とした資金調達が一般的です。

取引の内容

新株発行の取引には、株式の募集、出資の払込み手続き、目論見書・株券の印刷、登記変更などが存在します。

これらの取引のうち、会社が負担する費用を株式交付費といいます。

出資の払込

新株発行手続きのうち、会計上、最も重要な取引が出資の払込みです。

新株式申込証拠金

出資の払込みは新株式申込証拠金に計上します。

別段預金

別段預金を利用する場合には、払込金は別段預金に預け入れます。

資本金と資本準備金

会社法上、払込期日が到来すると出資者が株主になると定めがあります。この時に、原則として新株式申込証拠金の全額を資本金に振り替えます。ただし、払込み金額の2分の1を超えない金額は資本準備金として計上できます。

別段預金もこの段階で会社の預金口座に振り替えます。

仕訳

次の通り。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
払込別段預金×××新株式申込証拠金
払込期日新株式申込証拠金×××資本金×××
資本準備金×××
当座預金など×××別段預金×××

※別段預金を利用した場合

仕訳例

  • 1.新株発行を決議し、申込者より払込金100が別段預金に預け入れられた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1別段預金100新株式申込証拠金100
ページトップへ