開業費と仕訳

開業費と仕訳を解説します。

開業費とは

開業費とは、会社成立から営業開始までに要した開業準備費用をいいます。

設立との関係

開業費の取引は設立後に会社が成立してからの開業準備としての土地・建物の賃借料、広告宣伝費、事務用消耗品費、保険料、水道光熱費などです。

会計処理

実務対応報告第19号 繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」に基づき、原則として支出時に費用(営業外費用、又は販売費及び一般管理費)とします。

仕訳

開業費勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
支出開業費×××現金預金など×××

繰延資産

上記実務対応報告では、繰延資産としての計上も認めています。この場合には開業の時から5年以内の効果が及ぶ期間にわたって定額法により毎期償却します。

創立費や株式交付費も繰延資産として計上が認められています。

仕訳例

  • 1.開業費10を普通預金から支払った。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1開業費10普通預金10
ページトップへ