製品別計算とは|概要、種類と手続き

机上のPCとグラフ

製品別計算の概要、種類と手続きを解説します。

製品別計算とは

製品別計算とは、製品の種類毎に製品一単位の原価を計算する第3次の原価計算手続きをいいます。

種類

製品別計算は、「製品を連続生産(大量生産)するかどうか」という視点から、大量生産しない「個別原価計算」と大量生産する「総合原価計算」に分類できます。

項目個別原価計算総合原価計算
説明製品を個別的に生産する生産形態に適用(いわゆる受注生産。衣服メーカーではオーダーメイド)製品を連続生産(大量生産)する生産形態に適用(いわゆる見込生産)
具体例海外ではシャネルやアルマーニ、
国内ではオンワードなど
海外ではギャップ(GAP)、国内ではユニクロ(ファーストリテイリング)や無印良品(良品計画)など

さらに総合原価計算は、単純総合原価計算等級別総合原価計算組別総合原価計算工程別総合原価計算に分類できます。

役割

製品別計算の役割は、「正確な製品単価の計算」です。

費目別計算や部門別計算では、複数の配賦基準や操業度基準を設定して、費目や部門といった単位に集計した原価が実態を把握した正確なものとなるように理論的かつ合理的な計算を行いました。

以上の原価計算手続きを経て得られた原価数字を元に、第3次の製品別計算で正確な製品単価を計算するための集大成としての原価計算手続きを行う、ということです。

個別原価計算とは

個別原価計算とは、製品を大量生産ではなく、1注文毎に個別に受注生産する場合に適用する製品別計算をいいます。

受注生産のため、総合原価計算の大量生産のように同じ種類の製品をひとまとめにしてボックス図を使って計算するわけにはいきません。

個別原価計算の手続きは、ボックス図ではなく、注文毎に製造指図書に原価を集計し、完成した製造指図書の原価は製品に振り替え、未完成の製造指図書の原価は期末仕掛品(翌月は月初仕掛品)になります。

総合原価計算の場合と同じく、問題によっては仕損費や減損費を計算する場合もあります。

総合原価計算とは

総合原価計算とは、製品を連続生産(大量生産)する場合に適用する製品別計算をいいます。

総合原価計算はさらに「単純総合原価計算」「等級別総合原価計算」「組別総合原価計算」「工程別総合原価計算」に分けることができます。

総合原価計算共通の手続きとしては、月初仕掛品原価と当月投入の製造原価から、完成品原価と月末仕掛品原価を計算することです。

仕掛品勘定に数量や原価の情報を追加したボックス図を使って計算します。

計算する要素には材料費と加工費という2種類が存在し、先入先出法や平均法を使って計算します。問題によっては仕損費や減損費を計算する場合もあります。

製品勘定

個別原価計算や総合原価計算によって計算した完成品原価は、工業簿記では製品勘定に集計して記帳します。

勘定連絡図

一般的な場合の各勘定間の関係を把握できます。

ページトップへ