原価計算入門その24~製品別計算(分類)

作成日:2016年11月13日 更新日:2018年5月23日

今回から、製品別計算について解説します。

製品別計算とは、原価要素を一定の製品単位に集計し,単位製品の製造原価を算定する手続をいい,原価計算における第3次の計算段階になります。
(第1次)費目別計算→(第2次)部門別計算→(第3次)製品別計算

このように段階的に製造原価を分類集計するのは、製品原価の正確な計算および原価管理を行うためです。

下記に学習上のポイントを参考に記載しました。ご利用ください。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

【学習のポイント】

0.製品別計算の分類
1.個別原価計算
 ①概要と流れ
 ②仕損費の計算
2.単純総合原価計算
3.等級別総合原価計算
4.組別総合原価計算
5.工程別総合原価計算


【製品別計算(分類)】

製品別計算は、製品を同一製品を連続生産(大量生産)するかどうかで、個別原価計算総合原価計算に分類することができます。

製品別計算の分類

項目個別原価計算総合原価計算
説明製品を個別的に生産する生産形態に適用する(いわゆる受注生産。衣服メーカーではオーダーメイド)。同一製品を連続生産(大量生産)する生産形態に適用する(いわゆる見込生産)。
具体例海外ではシャネルやアルマーニ、
国内ではオンワードなど
海外ではギャップ(GAP)、国内ではユニクロ(ファーストリテイリング)や無印良品(良品計画)など

さらに総合原価計算は、単純総合原価計算等級別総合原価計算組別総合原価計算に分類することができます。

総合原価計算の分類

項目説明具体例
単純総合原価計算単一製品の生産1種類のズボンを生産
等級別総合原価計算同一製品だが、形状、大きさなどが異なる製品を生産S、M、Lサイズのズボンを生産
組別総合原価計算同一工程で異なる製品を生産同じ工程でジーンズとチノパンを生産

また総合原価計算は、別視点の分類として、工程別総合原価計算という用語があります。

項目説明具体例
工程別総合原価計算製造工程が2以上の連続する工程に分けられ,工程毎に工程製品の総合原価を計算切抜→裁縫→取付の各工程で総合原価を計算する場合


【終わりに】

今回は製品別計算の分類について解説しました。
次回は個別原価計算について解説します。


前の解説 | 次の解説


目次


【運営者情報・免責事項】







会計入門
~実務に役立つ会計の入門

決算書が読めるようになるサイト。「実務に役立つシリーズ」第1弾!!

商業簿記入門
~2級、3級の資格学習を支援

サイト管理者の経験も交えて実務的な視点で解説。「実務に役立つシリーズ」第3弾!!

会計ヘッジ
将来リスクを回避するためのサイト

会計、簿記、経理、税務、起業など、トピックやトレンドも含め、様々な情報を配信

【関連記事】
他コンテンツの記事です。

会計入門その6~棚卸資産

【商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品】これらの科目は製造や仕入に関する科目です。まとめて棚卸資産(たなおろししさん)といいます。年に1回・・・

会計入門その9~減価償却と資産計上

会計入門その4で資産について、次の通り説明しました。お金がどれだけあり、また、将来、現金として入金されそうなモノ(権利)がどれだけあるのか。ここで固定資産って将来・・・

商業簿記入門その53~商品有高帳の総平均法による記帳と棚卸減耗、商品評価損(2級)

「総平均法(そうへいきんほう)」とは、商品の単価を計算する方法のうちの一つであり、商品の総数量と総金額から商品単価を計算する方法・・・

【原価計算入門】
当サイトの他のページを紹介。

原価計算入門その25~個別原価計算(概要:製造指図書、原価計算表)

【製品別計算(個別原価計算)】今回は個別原価計算を解説します。前回解説した通り、個別原価計算が使用されるのは、 1個1個の製品が異なる受注生産の場合です。・・・

原価計算入門その26~個別原価計算(製品別計算、原価計算表)

【製品別計算(個別原価計算)】今回は設例を用いて解説します。【設例】衣服メーカーは、個別原価計算を採用している。今月の原価計算の状況と必要なデータは次の通り。・・・

原価計算入門その27~個別原価計算(製品別計算、仕損)

【製品別計算(個別原価計算)】【設例】衣服メーカーは、個別原価計算を採用している。今月の原価計算の状況と必要なデータは次の通り。・各要素の計算には予定単価を使用している。・・・