債権売却損と仕訳

債権売却損と仕訳について解説します。

債権の売却とは

債権の売却とは、売掛金などの債権を金融機関などに売却することをいいます。債権譲渡ともいいます。

債権売却損

ファクタリングといわれる方法で債権譲渡する場合には、手数料を差し引かれます。

この手数料は債権売却損として費用になります。

売掛金の譲渡と仕訳

債権売却損勘定(費用に属する勘定科目)で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
売掛金の売却現金、預金など×××売掛金など×××
債権売却損×××

仕訳例

  • 1.売掛金100を金融機関に売却し手数料5が差し引かれ当座預金に振り込まれた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1当座預金95売掛金100
債券売却損5
ページトップへ