償却債権取立益と仕訳

償却債権取立益と仕訳を解説します。

償却債権取立益とは

償却債権取立益とは、過去に貸し倒れた債権を回収した場合に発生する収益をいいます。

貸倒れとの関係

償却債権取立益が発生するには必ず過年度に貸倒れが発生しています。過去に貸倒処理で損失計上(または貸倒引当金の減少)しており対象の債権残高はゼロのため、債権回収時には収益計上します。

償却債権取立益の仕訳

償却債権取立益勘定(収益に属する勘定科目)で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
貸倒債権の回収現金預金など×××償却債権取立益×××

仕訳例

  • 1.過年度に貸倒れた売掛金10を当期に回収し、ただちに普通預金に預け入れた。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1普通預金10償却債権取立益10
ページトップへ