工業簿記2級 製造間接費(固定費、変動費と配賦差額):原価計算入門

更新日:2019年9月18日
作成日:2016年11月11日

前回に引き続き、製造間接費について解説します。

製造間接費とは、費目別計算で計算した要素のうち、間接費(間接材料費、間接労務費、間接経費)を集計したものをいいます。
下記に学習上のポイントを参考に記載しました。ご利用ください。

※この「原価計算入門」のサイトでは、2級レベルの工業簿記を、衣服メーカーを例として毎回解説しています。

学習のポイント

  • 0.製造間接費の分類
  • 1.予定配賦額の計算
  • 2.配賦差額の計算と原因分析
  •  ①変動費と固定費
  •  ②予算許容度の計算
  •  ③予算差異と操業度差異

種類別の勘定連絡図(個別、総合、標準)

クリックすると、実際個別原価計算、実際総合原価計算、標準原価計算それぞれの勘定連絡図(簿記2級で出題される典型的なケース)が別窓で開きます。

製造間接費(固定費と変動費)

前回の設例では予定配賦について解説しました。

原価計算基準にも記載がありますが、間接費は実際配賦率ではなく予定配賦率を使用することが原則です。

予定配賦率を使用することは、予定の製造間接費を各製品に配賦することです。

そして、実際の製造間接費と予定の製造間接費との差額については、原因別に分析し適切に処理(仕訳に反映させる)します。

なぜならば、原因別に差額分析することにより、原価管理に役立てるとともに、最終的には実際の数字を原価に反映させることができるからです。

固定費と変動費
予定額と実際額の差額を分析するために、製造間接費を操業度との関係から「固定費(こていひ)」と「変動費(へんどうひ)」という2つの要素に分けます。

項目説明イメージが近い勘定科目(※)
固定費操業度の変動に関係なく
一定額が発生する
減価償却費、賃借料、租税公課など
変動費操業度の変動に比例して
発生する
間接材料費、間接工賃金、水道料・
電力料の従量金額部分など

(※)科目毎で固定費・変動費を厳密に区別することはできません。あくまでもイメージが近い科目ということで紹介しています。

製造間接費の配賦差額

設例を使用して解説します。

設例
衣服メーカーでは、ズボンの生産量を配賦基準として製造間接費を各製品に配賦している。

  • ・年間ズボン生産量:42,000本(期待実際操業度)
  • ・当月の実際操業度:3,600本
  • ・実際製造間接費:1,360,000円
  • ・年間製造間接費予算:15,120,000円
  • (変動費率 @120円 固定費予算 10,080,000円)

(問1)配賦差額を求めましょう。
(問2)配賦差額を予算差異と操業度差異に分けましょう。

解答

  • (問1)
  • 予定配賦率:年間製造間接費予算 ÷ 年間ズボン生産量42,000本 = @360円
  • 予定製造間接費配賦額:@360円 × 3,600本 = 1,296,000円
  • 配賦差額 = 予定製造間接費配賦額1,296,000円 - 実際製造間接費1,360,000円 = △64,000円(不利差異、借方差異)
  • (問2)
  • 予算許容度 = 変動費率@120円 × 実際操業度3,600本 + (固定費予算 10,080,000円 ÷ 12ヶ月)= 1,272,000円
  • 予算差異 = 1,272,000円 - 1,360,000円 = △88,000円(不利差異、借方差異)
  • 操業度差異 = 1,296,000円 - 1,272,000円 = 24,000円(有利差異、貸方差異)
  • (別解)操業度差異 = (3,600本 - 3,500本) × 固定費率@240円(※) = 24,000円(有利差異、貸方差異)

解説
前回解説の設例から指示を追加しています。

(問1)配賦差額を求める問題
実際製造間接費が設定されています。
計算した予定製造間接費配賦額1,296,000円との差額を求める問題です。

実際と予定との差額を求めるには、「予定-実際」と計算して、「予定配賦額から実際額を差し引く」ように計算します。

設例のように計算の結果がマイナス(△)の場合を、「不利差異(ふりさい)(または借方差異(かりかたさい))」といい、プラスの場合を「有利差異(ゆうりさい)(または貸方差異(かしかたさい))」といいます。

「マイナスの場合には実際の方が予定よりも費用が多いため、借方に費用を仕訳計上する。従って、不利や借方という言葉を使用している」と覚えておきましょう。

関連記事

終わりに

今回は製造間接費について、固定費と変動費の違いや配賦差額を解説しました。
次回は製造間接費の原因分析について解説します(設例の続き)。

続きを読む

前の解説 | 次の解説
Top