未収入金とは|基本的な仕訳を解説(簿記3級)

会計ファイルが入ったボックス

記事最終更新日:2024年1月15日
記事公開日:2017年10月1日

未収入金と仕訳について解説します。

未収入金とは|基本的な仕訳を解説(簿記3級)

目次

仕訳例

<仕訳例>
1.備品(帳簿価額10)を12で売却した。代金は来月入金予定である。
2.滞りなく上記1.の代金が普通預金口座に振り込まれた。

No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1未収入金12備品10
固定資産売却益2
2普通預金12未収入金12

未収入金とは

未収入金」とは、営業活動以外の取引によって生じた債権をいいます。

例えば、「有価証券」や建物・備品・土地などの「有形固定資産」を売却した際に現金を受け取らず、後日、代金を受け取る場合が未収入金に該当します。

売掛金との違い

「売掛金」は商品の販売等、営業活動によって発生した債権の場合に使用する勘定科目です。これに対して、「未収入金」は営業活動以外の資産の売却によって発生した債権をいいます。

勘定科目の属性

「未収入金」は「売掛金」とは売却した資産の内容が異なりますが、将来に現金(キャッシュ)になる点では同じであり、「売掛金」と同じく「会社の財産」に該当することから「資産に属する勘定科目」です。

従って、仕訳は「取引の8要素」の資産の仕訳に基づいて、「未収入金」の増加は借方に記入し、減少は貸方に記入します。

仕訳方法

有価証券や有形固定資産を売却した場合には、増加した「未収入金」を借方に記入するとともに、売却した資産を貸方に記入します。借方と貸方の差額が「売却益(又は売却損)」になります。

売却後、予定通りに代金を回収した場合には、借方に「現金」「当座預金」「普通預金」などの回収方法に応じた勘定科目を記入するとともに、回収によって減少した額だけ「未収入金」を貸方に記入します。

PDCA会計 無料アプリのご案内

・日商簿記の最新試験範囲に対応
・基本の仕訳問題150問を掲載(全問無料)
・シンプル画面&分かりやすい操作
・アプリ初心者も安心。プライバシーに配慮。課金なし。アカウント登録なし。
・Google Playの厳しい審査を通過

PDCA会計 電子書籍のご案内

日商簿記3級に準拠したスマホで読みやすいテキストと問題集。試験範囲の改定の都度、改訂版を発売しています。

サイト内検索

著者情報

須藤恵亮(すとうけいすけ)

フリーランス公認会計士。1人で「PDCA会計」を企画・開発・運営。

中央青山監査法人で会計監査、事業会社2社でプレイングマネジャーとして管理業務全般及びIPO準備業務に携わる。

現在は派遣・契約社員等として働きながら、副業的に「PDCA会計」の執筆やアプリ開発等コツコツ活動しています。

詳細はこちら↓
著者プロフィール

☆電子書籍の「0円キャンペーン」
日商簿記テキスト・問題集で実施中。X(旧twitter)で告知します。
「PDCA会計」をフォロー

簿記3級テキスト(PDCA会計の電子書籍)