棚卸減耗費と仕訳|計算方法

机上の書類や電卓と測定中の硬貨

棚卸減耗費の仕訳と計算方法を解説します。

棚卸減耗費とは

棚卸減耗費とは、材料の実際数量と帳簿数量との差異により発生する損失をいいます。

継続記録法と棚卸計算法

棚卸減耗費は、継続記録法と棚卸計算法の併用によって計算できます。

費目別計算上の分類

間接経費として分類します。

計算方法

次の通り。

仕訳

製造間接費勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
実地棚卸製造間接費×××材料×××

別の勘定科目を使用する場合もあります。

仕訳例

  • 1.棚卸減耗費10を計上する。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1製造間接費10材料10
ページトップへ