特許権使用料と仕訳

特許権使用料と仕訳を解説します。

特許権使用料とは

特許権使用料とは、他社が所有するライセンスなどの特許権の使用許諾に関する費用をいいます。

費目別計算と分類

特許権使用料は外注加工賃とともに直接経費に分類されます。

特許権勘定との違い

特許権勘定は自社が所有する特許権の取得に要した費用をいいます。無形固定資産に資産計上した後に毎期償却することで費用化します。

仕訳

仕掛品勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
特許権許諾仕掛品×××現金預金、未払金など×××

別の勘定科目を使用する場合もあります。

仕訳例

  • 1.特許権使用料10が発生した(来月支払)。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1仕掛品10未払金10
ページトップへ