複数の銀行口座を管理する場合の仕訳

複数の銀行預金口座を開設している際に、これらの口座を管理したい場合の仕訳方法を解説します。

複数預金口座とは

例えば、A銀行とB銀行という2つ銀行について普通預金を開設している場合が該当します。

管理対象にできる預金の種類

普通預金だけでなく当座預金や定期預金も対象です。

仕訳方法

A銀行とB銀行の普通預金口座を別々に管理したい場合には、普通預金勘定ではなく普通預金〇〇銀行勘定(資産に属する勘定科目)という勘定科目を使用できます。

〇〇の部分は銀行名が入ります。

A銀行であれば、「普通預金A銀行」です。

当座預金や定期預金も同様です。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
例)普通預金へ預入普通預金〇〇銀行×××相手勘定科目×××
例)定期預金へ預入定期預金〇〇銀行×××相手勘定科目×××
例)当座預金へ預入当座預金〇〇銀行×××相手勘定科目×××

仕訳例

  • 1.A社は甲銀行の当座預金から50万円を現金で引き出した。
  • 2.上記1.で複数の当座預金口座を開設しており、取引を別々に管理している場合
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1現金500,000当座預金500,000
2現金500,000当座預金甲銀行500,000
ページトップへ