材料と仕訳

材料と仕訳を解説します。

材料とは

材料とは、棚卸資産の1つです。製品の元になる原材料や部品、消耗品などをいいます。

対象

原価計算基準の費目別計算に基づき例示すると、次の通り。

項目直接or間接
素材費(原料費)直接材料費
買入部品費
補助材料費間接材料費
工場消耗品費
消耗工具器具備品費

材料費

消費した材料を材料費といいます。

直接費と間接費

直接材料費と間接材料費とで別の方法で仕訳します。

仕訳

材料勘定で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
購入材料×××買掛金など×××
消費(直接費)仕掛品×××材料×××
消費(間接費)製造間接費×××材料×××
材料消費価格差異(※1)原価差異×××材料×××
棚卸減耗費製造間接費×××材料×××

別の勘定科目を使用する場合もあります。
(※1)借方差異(不利差異)の場合

勘定連絡図

一般的な場合の材料勘定と他勘定との関係を把握できます。

原価要素別の仕訳

素材費や買入部品費などを勘定科目として仕訳する場合もあります。

関連論点

材料副費や消費価格差異などの論点があります。

仕訳例

  • 1.材料10を掛けで購入した。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1材料10買掛金10
ページトップへ