為替手形と仕訳

為替手形と仕訳について解説します。

為替手形とは

為替手形とは、手形作成者(振出人)、債権者(指図人)、債務者(名宛人)という3者間で債権債務の取引を行う場合に使用する手形をいいます。

為替手形の例

次の通り。

読み方

上の為替手形の場合、ライオン商会が債務者(名宛人)、株式会社ドッグ運送が債権者(指図人)、ゴリラ木材株式会社が手形作成者(振出人)です。振出人であるゴリラ木材はドッグ運送から商品を仕入れ、ライオン商会へ商品を販売しています。

従って、ゴリラ木材はドッグ運送に対する買掛金があり、ライオン商会に対する売掛金が存在しています。

この手形振出の結果、ゴリラ木材はライオン商会に対する売掛金5百万円が減少し、同様にドッグ運送に対する買掛金5百万円が減少します。

仕訳

振出人、指図人、名宛人それぞれ受取手形勘定支払手形勘定で仕訳します。

仕訳する主体取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
指図人手形の受取受取手形×××売掛金×××
代金回収当座預金など×××受取手形×××
名宛人手形の振出連絡
振出は振出人
買掛金×××支払手形×××
代金の支払い支払手形×××当座預金など×××
振出人手形の振り出し買掛金×××売掛金×××

自己受為替手形

為替手形のうち、指図人と振出人が同一の為替手形を自己受為替手形といい、受取手形勘定で仕訳します。

仕訳例

  • 1.商品100を販売し為替手形を受け取った。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1受取手形100売上100
ページトップへ