未収収益と仕訳

未収収益と仕訳を解説します。

未収収益とは

未収収益とは、一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、すでに提供した役務に対して、いまだ、その対価の支払を受けていないものをいいます。

経過勘定項目の1つとして企業会計原則に規定されています。

対象の取引

家賃、地代、手数料、利息など、時間の経過とともに発生するような取引が対象です。

会計処理

見越し処理し、収益を未収計上します。

未収金との区別

企業会計原則に基づき、未収収益は性質の異なる未収金とは区別しなければなりません。

仕訳

未収収益勘定(資産に属する勘定科目)で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
収益の見越し未収収益×××受取家賃など×××
再振替仕訳受取家賃など×××未収収益×××

仕訳例

  • 1.決算整理仕訳として家賃収入10を当期に見越し計上する。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1未収収益10受取家賃10
ページトップへ