保険料と仕訳

保険料と仕訳を解説します。

保険料とは

保険料とは、保険の支出に基づく費用をいいます。

取引内容

火災保険や生命保険、損害保険などが存在します。

経過勘定との関係

前払いの契約もあれば、後払いの契約も存在します。継続的に役務提供を受ける契約に該当するため、この場合には前払費用や未払費用で会計処理します。

保険料の仕訳

保険料勘定(費用に属する勘定科目)で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
発生保険料×××現金預金など×××

仕訳例

  • 1.当月の保険料10(後払い)を計上した。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1保険料10未払費用10
ページトップへ