日商簿記3級 水道光熱費、支払家賃、地代と保険料の仕訳

更新日:2021年1月5日
公開日:2018年4月16日

前回は、収益と費用のうち通信費、収入印紙と消耗品費の仕訳について解説しました。

今回は、水道光熱費、支払家賃、地代と保険料の仕訳について説明します。

水道光熱費とは

水道光熱費(すいどうこうねつひ)とは、電気、ガス、水道などの公共料金の支出をいいます。

水道光熱費の仕訳

水道光熱費が発生するような取引は、「水度光熱費勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して仕訳します。

借方に水道光熱費勘定を記入し、貸方には現金や預金、未払金などの勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
水道光熱費の発生水道光熱費×××現金預金など×××

支払家賃、支払地代とは

支払家賃(しはらいやちん)とは、ビルやマンション、アパート、一軒家など、建物を借りた場合に支払う家賃の支出をいいます。

支払地代(しはらいちだい)とは、建物ではなく、土地を借りた場合に要する支出のことをいいます。

支払家賃、支払地代の仕訳

支払家賃や支払地代が発生するような取引は、「支払家賃勘定(費用に属する勘定科目)」「支払地代勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して仕訳します。

借方に支払家賃勘定や支払地代勘定を記入し、貸方には現金や預金、未払金などの勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
支払家賃の発生支払家賃×××現金預金など×××
支払地代の発生支払地代×××現金預金など×××

保険料とは

保険料(ほけんりょう)とは、火災保険や生命保険、損害保険などの支出をいいます。

保険料の仕訳

保険料が発生するような取引は、「保険料勘定(費用に属する勘定科目)」を使用して仕訳します。

借方に保険料勘定を記入し、貸方には現金や預金、未払金などの勘定科目を記入します。

出来事借方科目借方金額貸方科目貸方金額
保険料の発生通信費×××現金預金など×××

仕訳例

  • 1.A社に今月の料金として水道料金10万円、ガス代3万円、電気代20万円の請求書が届いた。支払いは来月末日の予定である。
  • 2.A社は今月の家賃100万円と地代200万円をA社振出の小切手を振り出して支払った。
  • 3.A社の今月の火災保険料は10万円であった。代金は来月末日に支払う予定である。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1水道光熱費330,000未払金330,000
2支払家賃1,000,000当座預金3,000,000
支払地代2,000,000
3保険料100,000未払金100,000

まとめ

今回は水道光熱費、支払家賃、支払地代、保険料の仕訳について解説しました。難しい点はありません。問題演習で勘定科目を覚えましょう。

☆フォローお願いします
簿記2級・3級のスケジュール進捗管理に〇

<広告>PDCA会計の電子書籍

会計や簿記の電子書籍を出版しています。

Amazon Kindleと楽天Koboから発売(販路拡大中)。

過去問30回を分析した仕訳問題集

本Webサイトのコンテンツよりも品質を高めた基本テキスト

本Webサイトとは解説も図表も異なる、分かりやすいオリジナルの工業簿記テキスト

本サイトの解説をまとめた会計の入門書籍

ページトップへ