人名勘定とは

会計ファイル

人名勘定を解説します。

人名勘定とは

人名勘定とは売掛金や買掛金の勘定元帳の代わりに使用する、得意先名や仕入先名を勘定科目をいいます。

人名勘定のメリット

売掛金や買掛金で勘定元帳に記帳すると把握できない取引先別の取引高増減や残高を把握できます。

同様の役割を持つ帳簿として得意先元帳や売掛金明細表があります。

人名勘定の例と使い方

売掛金の増減取引をA社勘定、B社勘定、C社勘定という3つの人名勘定を用いて総勘定元帳を記帳した場合は次の通り。

人名勘定

売掛金勘定のみの場合は各社の増減や残高は分かりませんが、右図のように人名勘定を用いて記帳すると各社の増減や残高はすぐに把握できます。

仕訳

売掛金勘定の代わりにA社、B社など得意先名を使って仕訳します。買掛金の場合も同様です。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
製品、サービスの販売〇〇社×××売上×××
売掛金の回収現金預金など×××〇〇社×××
ページトップへ