クレジット売掛金とは|仕訳例を示して解説(簿記3級)

記録書類

記事最終更新日:2024年1月7日
記事公開日:2017年9月24日

「クレジット売掛金」はクレジットカード払いの場合に使用する勘定科目です。

本記事では、「クレジット売掛金」の仕訳について例を示して具体的に解説します。

仕訳例

<仕訳例>
1.得意先に商品100を販売し、得意先はクレジットカードによる支払いを選択した。手数料は売上金額の2%とする。
2.代金支払いの期日が到来し、当座預金に全額振り込まれたことを確認した。

No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1クレジット売掛金98売上100
支払手数料2
2当座預金98クレジット売掛金98

クレジット売掛金とは

クレジット売掛金」とは、クレジットカードを利用した売上取引に使用する勘定科目をいいます。

取引の特徴

商品を販売する会社が「クレジットによる支払い」を選択肢の1つに設定している場合、得意先は通常の現金払いや掛け、手形の振り出しに代えて、「クレジット払い」を選択できます。

得意先がクレジット払いを選択した場合には、商品を販売した会社はクレジットカードを発行する会社(信用会社)に対して「利用手数料」を支払います。

(補足)「クレジット売掛金」は誰が支払う?

クレジット売掛金は得意先の代わりに、「信用会社」が販売会社に対して代金を支払います。

その後、信用会社は得意先に上記の代金を請求して、回収します。

勘定科目の属性

「クレジット売掛金」は、通常の売掛金と同じく、将来、現金になることから、「会社の財産」として「資産」に該当します。

従って、「取引の8要素」の「資産」の仕訳に基づき、「クレジット売掛金」の増加は借方に記入し、減少は貸方に記入します。

仕訳方法

クレジット払いで商品を販売した際には、売上代金を全額、「売上」で貸方記入しますが、売掛金は手数料を差し引いた残額について「クレジット売掛金」を借方に記入し、手数料部分は「支払手数料」で同じく借方に記入します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
商品の販売クレジット売掛金×××売上×××
支払手数料×××
売上代金の回収現金・預金など×××クレジット売掛金×××

信用会社(クレジットカード会社)を利用するメリット

売上代金を安全に回収できます。つまり、得意先がクレジットカードでの支払方法を選択すれば、販売会社は手数料を支払う代わりに信用会社から代金を回収するため、貸倒れリスクが低くなります。

評価と貸倒引当金

クレジット売掛金は売掛金と同じく債権(金銭債権)に該当するため、期末に貸倒引当金を見積もって評価します。

PDCA会計 無料アプリのご案内

・日商簿記の最新試験範囲に対応
・基本の仕訳問題150問を掲載(全問無料)
・シンプル画面&分かりやすい操作
・アプリ初心者も安心。プライバシーに配慮。課金なし。アカウント登録なし。
・Google Playの厳しい審査を通過

PDCA会計 電子書籍のご案内

日商簿記3級に準拠したスマホで読みやすいテキストと問題集。試験範囲の改定の都度、改訂版を発売しています。

サイト内検索

著者情報

須藤恵亮(すとうけいすけ)

フリーランス公認会計士。1人で「PDCA会計」を企画・開発・運営。

中央青山監査法人で会計監査、事業会社2社でプレイングマネジャーとして管理業務全般及びIPO準備業務に携わる。

現在は派遣・契約社員等として働きながら、副業的に「PDCA会計」の執筆やアプリ開発等コツコツ活動しています。

詳細はこちら↓
著者プロフィール

☆電子書籍の「0円キャンペーン」
日商簿記テキスト・問題集で実施中。X(旧twitter)で告知します。
「PDCA会計」をフォロー

簿記3級テキスト(PDCA会計の電子書籍)