前受金と仕訳

前受金と仕訳について解説します。

前受金とは

前受金とは、会社が商品販売の際に事前に受け取る手付金をいいます。

支払側では前払金といいます。

手付金とは

手付金とは、簡単にいえば「先払い」のことです。

前受金の仕訳

前受金が増減する取引には、前受金勘定(負債に属する勘定科目)を用います。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
手付金の受取現金預金など×××前受金×××
商品の販売前受金×××売上×××

仕訳例

  • 1.手付金10を小切手で受け取った。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1現金10前受金10
ページトップへ