預り金と仕訳

預り金と仕訳について解説します。

預り金とは

預り金とは、取引先や従業員の金銭を会社が一時的に金銭を預かった場合に発生する、取引先や従業員に対する債務をいいます。

他社や従業員の代わりに支払った場合は立替金といいます。

従業員預り金

従業員からの預り金は通常とは区別して従業員預り金といいます。

社会保険料と所得税の預り

ただし従業員からの預り金の対象が社会保険料や所得税の場合には社会保険料預り金所得税預り金といいます。

預り金の仕訳

預り金が増減する取引は預り金勘定従業員預り金勘定所得税預り金勘定社会保険料預り金勘定で仕訳します。全て負債に属する勘定科目です。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
金銭の預かり現金預金など×××○○預り金×××
支払○○預り金×××現金預金など×××

仕訳例

  • 1.取引先が負担する費用10を現金で預かった。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1現金10預り金10
ページトップへ