従業員貸付金と仕訳

従業員貸付金と仕訳について解説します。

従業員貸付金とは

従業員貸付金とは、金銭を従業員に貸し付けた場合の債権をいいます。

他と区別する特別な理由

従業員への貸付は給与とみなされる場合があります。税務計算に影響するので通常の貸付金とは区分して記帳します。

従業員貸付金の仕訳

従業員貸付金勘定(資産に属する勘定科目)で仕訳します。

取引借方科目借方金額貸方科目貸方金額
貸付従業員貸付金×××現金預金など×××
利息の受け取り現金預金など×××受取利息×××
貸付の回収現金預金など×××従業員貸付金×××

仕訳例

  • 1.会社は従業員の貸付申請を承認し普通預金から10を従業員の預金口座に振り込んだ。
No借方科目借方金額貸方科目貸方金額
1従業員貸付金10普通預金10
ページトップへ